シュノーケリングが楽しめない要因を取り除こう

沖縄旅行でシュノーケリングをする事を凄く楽しみにしていたのに、実際にやってみると意外と楽しむ事が出来なかった。実はそんな人も存在しています。ではなぜ楽しむ事が出来なかったのか、その要因をいくつか紹介していきます。

耳抜きと口呼吸が出来ていますか?

シュノーケリングは浅瀬なので、水圧はあまり影響しない。
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
ですが、長時間海の中にいると、浅瀬であっても水圧で耳が痛くなってしまいます。

なので必ず海の中に入る時には、耳抜きを行って下さい。
耳抜きの方法は、口は閉じた状態で鼻をつまみ、ゆっくりと鼻から息を出します。
少しコツを必要とするので、当日までにお風呂の時にでも、練習してみて下さい。

あとシュノーケリングでは、シュノーケルを使う事で海の中でも呼吸をする事が出来ます。
そのため泳げない人でも、シュノーケリングを楽しむ事が出来る訳です。
ただシュノーケルは口で呼吸を行う必要があります。

普段私たちは、口を開けた状態で呼吸をせず、鼻から呼吸をしていますよね。
そのため意外と口呼吸が上手く出来ずに息苦しくなってしまう事があります。

マスクやフィンが上手く使えていない

シュノーケルを行う時の必須アイテムは、シュノーケルとマスクとフィンの3点です。
シュノーケルとは、海中の景色を見る事を目的に行うため、視界がぼやけていると楽しさは半減してしまいます。
視界がぼやける原因は、マスクの中に水が入ってしまっているためです。
なので海の中でマスクから水を出す方法として、マスククリアを行う必要があります。

マスクの上の部分を軽く押さえて、鼻からゆっくり息をするとマスクの下の部分から水が出るため視界はクリアで良好になります。

あとフィンをつけてバタ足をすると、水圧が足にかかるため、足が凄く疲れてしまいます。
これではフィンを上手に活用出来ていません。
フィンをつけた場合は、バタ足ではなく足の甲を伸ばした状態で、ゆっくり足を動かして下さい。
そうするとフィンが力を発揮し、ぐんぐんと前に進みます。

関連する記事