シュノーケリングの事故の原因と注意点

シュノーケリングは、初心者向きのマリンスポーツで、泳げない人でも子供でも楽しむ事が可能です。
しかしながら海水浴でも毎年多くの人が、事故を起こしてしまっていますよね。
シュノーケリングも安全性は高いとはいえ、事故のリスクはゼロではありません。
ではシュノーケリングで、事故を起こさないための注意点について紹介します。

シュノーケリングの事故の原因ナンバーワンは?

シュノーケリングで起こる事故の原因ナンバーワンは、インストラクターなどプロがいない場所で起きています。
例えばツアーに申込みをすると、そのツアーにはインストラクターがいて、シュノーケリングの方法や注意点について教えてくれます。
そしてしっかり準備体操をしてから、海に入ります。

海でツアー客がシュノーケリングを楽しんでいる間も、インストラクターはツアー客の安全に目を配っています。
そのような状況下では、まず事故は起こりません。
足がつった、シュノーケルの中に水が入ってパニックを起こして溺れかけた場合であっても、すぐにインストラクターが駆けつけ、事故を未然に防いでくれるという訳です。

しかしながらツアーに申込みすると、お金がかかってしまいます。
シュノーケリングは軽装備が始められるマリンスポーツなので、個人で海に入ってシュノーケリングで遊ぶ人もいます。個人でシュノーケリングで遊んでいても、大半は事故らず楽しむ事が可能です。

ですが、万が一トラブルを起こした際に、個人では冷静に対応出来ずに、未然に防げずに事故に発展してしまいます。
個人では、知識不足で誤った行動を起こしてしまう可能性もあるので、お金がかかっても安全のためにはインストラクターと一緒にシュノーケリングを行うべきだと言えます。

シュノーケリングの注意点

シュノーケリングは、基本的には沖の近くの浅瀬で行う事が多いでしょう。
浅瀬でもたくさんの魚や海中生物が存在しているので、十分に楽しむ事が出来ます。
ですがついつい夢中で魚を追いかけて見ているうちに、気付けば浅瀬から遠くに流されてしまう事があります。

穏やかな海であっても、波があるので流される可能性があるという事に注意して、自分の今いる場所を時々確認するようにして下さい。

あとシュノーケリングは、初心者でも簡単に楽しめるマリンスポーツですが、基本的スキルは習得してから海に入るようにしましょう。基本的なスキルとはマスクに入った海水を出すマスククリアと、シュノーケルに入った水を出すシュノーケルクリアです。

特にシュノーケルに水が入り、呼吸が出来なくなるとパニックに陥りがちなので、慌てず水を出す方法を習得しておけば事故のリスクを減らす事が出来るでしょう。

関連する記事