雨の日や夜でもシュノーケリングは可能?

沖縄旅行に行く時には、特に天候が気になりますよね。
観光施設であれば、天候に関係なく楽しむ事が出来ますが、マリンスポーツとなると雨だったらどうしよう?
そんなふうに不安に思う人もいるでしょう。
ではシュノーケリングは、雨でも行う事は可能なのでしょうか?

シュノーケリングと天候について

シュノーケリングは、元々海に入って濡れるものなので、多少の雨が降ったところで問題はありません。
そのため少量の雨であれば、シュノーケリングのツアーは中止にならないはずです。

しかしながら、多少の雨は平気でも、風が強く波が高くなると危険を伴います。
そのため雨が降っていなくても、風が強いと中止になる可能性が高くなります。
また当然ながら大雨の場合は、雨でも中止になります。

そもそも雨が降ってしまうと、少量であればあまり海の透明度は影響しませんが、大量になると透明度が濁ってしまい、海中生物が見えにくくなってしまいます。

また雨が降る事で水温も下がり、体感温度も下がってしまうので、ツアーを中止しなかった場合でも時間を短縮される可能性はあります。

雨でもシュノーケリングが可能かどうかは、ツアーの責任者が判断します。
ツアーの責任者は沖縄の天候や海の状態に詳しいので、支持に従う事が事故を防ぐために重要だと言えます。

もしツアーに参加せずに、個人でシュノーケリングをしようと思っている場合は、尚更雨が降った場合は無理せずに予定変更するべきです。せっかく沖縄まで来てシュノーケリングが出来ないのは残念ですが、それでも安全性を第一に考える必要があります。

夜でもシュノーケリングは出来る?

では日中は雨が降っていて、夜になると雨が上がったとしましょう。
では夜でもシュノーケリングは可能なのでしょうか?

シュノーケリングは、夜でも行う事が可能です、
日中のシュノーケリングとは、大きく異なり、星空を楽しんだり、珊瑚やウミホタルなど夜に発光する海中生物がいて、非常に幻想的な景色を見る事が出来ます。

ただし、夜の方がやはり視界が悪くなるため、必ずツアーのインストラクターがいる状態で行うようにして下さい。

関連する記事